Xorsizer 始動!


はじめまして、Paspal(パスパル)と申します!

新しいサークル「Xorsizer」を立ち上げ、やっとの思いで完成した『Elesi』ですが

先ほど手元に完成品が届きました!

試聴動画は見ていただけましたか?

前サークル「Symholic」よりも華麗で、攻撃的で、サイバーな、

そして何より『男性ボーカル』!!

『熱く』、『気高く』、『美しい』作品に仕上がりました!

さて、まずは読み方から!

サークル名「Xorsizer」「エクソサイザー」です。

Symholic同様、「何か」と「何か」の造語です!

試行錯誤した結果、このサークルの「音楽性」などを示す2つの単語を合体させました!

今回の新譜タイトル「Elesi」「エレスィ」です。(エレシッって言うな!)

意味はCDの帯裏に記していますので、チラ見してみてくださいね!

サークルの音楽性について、

まずは大好きな「シンフォニックなロック」に「サイバーな電子音」やシンセを加え、そこに僕の(だいたい中学二年生頃から)頭の中にある「ダークなヒーロー像」をプラスし、《シンフォニック・サイバー・ダークネス》という新たな世界観にチャレンジしています!

中二病を患っていた方、また(Paspalも含めた)《現役発症者》の方々の心身にぶっ刺さるような作品になっていますので、「これだ!」と思った方はこれからも、どうぞそのままで居てください。

シンフォニックだと思いきや、ダンスミュージックだったり、はたまたワブルベースが暴れてたりと色々な仕掛けを施していますので、一筋縄ではいかない展開に『驚いて』そして一緒に『歌って』ください!

ボーカルについて、

前サークル「Symholic」では、その作品ごとの世界観に合った女性ボーカリストをゲストに迎えて歌って頂いていたのですが、

そうして作品を作ってるうちにこう思ってくるんですよ。

「俺も歌いてぇ」

まもなく引っ越して、軽く防音のボーカルブースを部屋に設置し、マイクを買って歌ってみたんですけど、とっても難しいんですよ。

半端じゃ無いくらい難しいんですよ!

それでも、「歌」ほどダイレクトに感情を吐き出せる方法は無く、

完成ギリギリまで試行錯誤を繰り返してようやく僕の「激情」を作品にする事が出来ました!

実の所、サークル立ち上げ当初はニヒルなボーカル(?)で「クール」に歌うつもりでしたが、

何だかんだで歌ってる時がめちゃくちゃ楽しかったので、感情を込めすぎて、イラストの千年凛氏にデモを送った時には「熱血極振りやん(原文まま)というありがたい言葉(ツッコミ?)を頂きました!ww

さて、そんな『作編曲』『作詞』『ボーカル』全てがPaspalという究極のぼっちサークルですが、

今回の冬コミで、ありがたい事に「お誕生日席」を頂きました!

スペースは3日目の東コ-60b

ですので、ぼっちの方も、そうでない方も、Xorsizerに遊びに来て頂けると幸いです!

多分その辺で、一番“中二病くさい”格好をしてお待ちしております!ww

それでは、どうぞよろしくお願いします!

Paspal


0回の閲覧

© 2019 Symholic≠Xorsizer